スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法300日規定、女性の「違憲」訴え棄却(読売新聞)

 離婚後300日以内に生まれた子は「前夫の子」と推定する民法の規定をもとに、岡山県総社市が出生届の受理を拒否したのは、法の下の平等を定めた憲法に反するなどとして、市内の20歳代の女性が国と市を相手取り330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、岡山地裁であった。

 古賀輝郎裁判長は女性の訴えを退けた。

 訴状によると、女性は2006年9月、前夫の暴力がもとで別居。07年3月、離婚を求めて岡山家裁に提訴し、家裁は離婚を認めたが前夫が控訴。08年3月に広島高裁岡山支部で和解、離婚が成立した。女性は08年2月頃に現夫との子を妊娠。同年10月に結婚、11月に出産したが、市は現夫を父親とする出生届を受理しなかった。

<千葉大生殺害>血のついた包丁発見 ATMの男供述で捜索(毎日新聞)
<石破政調会長>「あるまじきこと」小沢幹事長を批判(毎日新聞)
川崎と柏で火災 独居80代焼死か(産経新聞)
沖縄に内閣分室の設置検討=普天間で地元との連絡緊密に-政府(時事通信)
仙谷国家戦略相「消費税、自由闊達に議論を」(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:かどまつまさはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。