スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たばこ増税で6割が「禁煙」決意!?(産経新聞)

 「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(東京都千代田区)が先月、喫煙者312人に聞いた調査によると、今年10月に1本5円のたばこ税引き上げを機に、約6割が「吸うのをやめたいと思う」と回答した。お財布事情が禁煙の大きな動機となる傾向がうかがえる。

 また、たばこ税の増税について「どう思うか」を聞いたところ、「納得できない」が54・8%、「やむを得ないと思う」が45・2%で、ほぼ意見が分かれる結果だった。

 禁煙を補助する「お助けグッズ」で興味あるもの(複数回答)は、禁煙ガムや、肌に張る禁煙パッチなどの「禁煙補助剤」が51%で最多。「電子たばこ」(38%)、「禁煙パイポ」(21%)が続いた。

 グッズを選ぶポイント(同)としては、「吸いたい気持ちすぐ抑えてくれる」(56・4%)、「効果を感じられる」(53・5%)、「禁煙のイライラを感じない」(52・9%)-の順で、禁煙による精神的なつらさを紛らわせたい気持ちが強いようだ。

【関連記事】
喫煙は病気?文化? 分かれる「増税」効果
外国たばこが値上げ申請 全銘柄で1箱当たり20円
たばこは嫌われもの?まずは喫煙マナーを徹底
増税で密造たばこ横行の懸念は?
「マイルドセブン」を3年ぶり全面刷新 たばこ増税に備え?

<中国毒ギョーザ>「さらに究明を」首相が談話(毎日新聞)
子供の夢収めたビデオカプセル、千葉県が紛失(読売新聞)
<雑記帳>「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)
<柔道部の事故>防止を訴え家族らが「被害者の会」(毎日新聞)
マガン 明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)
スポンサーサイト

<宇陀市長選>竹内幹郎氏が初当選(毎日新聞)

 宇陀市長(奈良県)前市議の竹内幹郎氏(61)が初当選。前市議長の玉岡武氏(66)を破る。投票率は76.94%。

 確定得票数次の通り。

当12174 竹内 幹郎=無新<1>

  9904 玉岡  武=無新

飲酒運転 都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」-仙谷戦略相(時事通信)
渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)
<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす-神奈川県警(時事通信)

拉致支援法案が衆院通過(時事通信)

 北朝鮮による拉致被害者への給付金の支給期間を5年間延長する拉致被害者支援法改正案は23日午後の衆院本会議で全会一致で可決された。参院でも全会一致で可決、成立する見通し。
 同法の施行規則によると、拉致被害者が1人の世帯に毎月17万円、2人の世帯に同24万円が支給される。3人以上の世帯には24万円に加え、3人目から1人当たり3万円ずつが加算される。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、「余命は3年」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~

カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
<足利事件>菅家さん無罪へ、26日に再審判決公判(毎日新聞)
<DV>認知件数、過去最多 ストーカー行為も…09年(毎日新聞)
【近ごろ都に流行るもの】具入りラー油 辛さの中に光る食感(産経新聞)
<人事>防衛省(毎日新聞)

<村田元外務次官死去>日米密約調査を後押し(毎日新聞)

 日米密約の存在を証言した村田良平元外務事務次官が18日、死去した。国会の場で初めて事務次官経験者らが密約について語った衆院外務委員会の前日だった。村田氏も参考人招致を打診されたが、肺がんを患っていたため応じられなかった。

 村田氏は事務次官、駐米大使などを歴任。08年に出版した「村田良平回想録」(ミネルヴァ書房刊)で日米安保条約改定時の核持ち込み密約があったと明らかにした。昨年6月には毎日新聞の取材に対し、前任次官から密約の引き継ぎを受けたことも証言。政権交代後の外務省の密約調査を後押しする形になった。【大貫智子】

【関連ニュース】
訃報:村田良平さん80歳=元外務次官、核密約問題で証言
日米密約:西山さん「裁かれてしかるべき者裁かれず…」
日米密約:衆院委で参考人質疑「文書破棄の可能性」
日米密約:横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求

八ツ場ダム湖面橋の建設継続=住民の意向に配慮-前原国交相(時事通信)
ヴィンチェンゾ・ナタリ『SPLICE』ワーナー配給で全米6月公開決定!
トヨタ叩き「風向き」変化? 急加速「証言矛盾」に「不適切編集」(J-CASTニュース)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
女子大生のスカート内を盗撮容疑、自衛官逮捕(読売新聞)

新潟市美術館 かびやクモ発生…何が起きていたのか(毎日新聞)

 かびやクモなどが展示室内で発生した新潟市美術館(同市中央区)は、今春予定していた中宮寺や法隆寺などが所蔵する国宝、重要文化財を展示する「奈良の古寺と仏像」の会場とすることを断念した。美術関係者が疑問視する「管理レベルの低下」の一因は、市美術館を巡る独断的な運営と人事とみる市民も少なくない。国内外から信頼を失った市美術館で何が起きていたのか。

 <ここ3、4年の一連の人事は異常である。開館25年目になるが、これまで学芸員を中心に、寝食も忘れて培ってきた館の品格と伝統を思うと、なんとも空(むな)しさを感じる>

 市美術館を支援する市民らでつくる市美術館協力会の会報「ななかまど」(09年5月号)。紙面には、協力会世話人代表が寄せた辛らつな市美術館批判が載っていた。

 一連の人事とは、北川フラム前館長(12日付で更迭)の就任(07年4月)と、4人いたうち生え抜きのベテラン学芸員3人の異動だ。現在、谷哲夫氏は西蒲区役所地域課、神田直子氏は職員健康管理課、木村一貫氏は市歴史博物館(出向)でそれぞれ働いている。

 アートディレクターとして知られる北川氏の招へいは、現代美術などを駆使したイベントによる地域活性化の手腕を評価した篠田昭市長の肝いりだった。北川氏は就任後「外に開かれた美術館」を目指して「水と土の芸術祭」など美術の枠を広げる企画・展示に着手した。

 一方、3人の学芸員には、作家や他の美術館と築いてきた信頼関係、自主企画展が国内外の美術関係者からも高い評価を得たという誇りがあった。定年が近い谷氏は仏像も扱える彫刻の専門家。常設展示室にあった3人が作った解説パネルは、3人目が異動した日に撤去されたままだ。

 「まさか全員を異動させるとは。作品の保存と研究という美術館の使命、存在意義を忘れている。(市長は)美術館を完全に壊すつもりか」。追われた一人は不信感をあらわにした。

 これに対し、北川氏はこう反論する。「どこの美術館もそうだが学芸員は10年、20年、永久就職。事務職は2、3年で代わるから、学芸員の独立王国になる。僕が来る前から市と学芸員の間でいろいろ問題があった」。篠田市長は「新潟市美術館を考える会」の質問状に「専門分野に限らず他の職場で行政事務を経験することで、職員の視野が広がり、さらに活躍の度合いが高まる」と回答した。

    □

 建築家、前川國男氏が設計した市美術館は85年10月「市民の美術館」として開館した。78年夏、市立高校美術教諭だった市橋哲夫さん(75)は当時、美術館建設を切望する市民の声や運動の高まりに胸を躍らせた。「美術館建設に役立ててほしい」と、地元百貨店で開かれた地元画家らの作品展示即売会に、自らの作品を提供した。

 市美術協会は、こうした市民の声の受け皿となった。会長は美術館の運営方針を決める協議会委員として名を連ね、企画展の開場式には来賓として招かれるのが慣例になった。ところが、それも北川氏の就任後は事情が変わる。

 08年9月2日、企画展「浦潮(うらじお)とよばれた街」の開場式。伊藤栄一・市美術協会長(77)は来賓としてテープカットする心づもりだった。しかし、リボンや席は用意されておらず、一般招待客扱い。「なめられたかな」。式典終了後、北川氏と名刺を交換したが、抗議の言葉はのみ込んだ。

    □

 北川館長体制のほころびは、09年夏、展示室での、かび発生という前代未聞の形で露呈する。版画家でコレクターとしても知られる木村希八さん(76)は、それを予感していた。信頼していた学芸員たちの異動を知り、その約3カ月前、寄託していた海外作家のコレクション52点を引き取ったのだ。「預けた作品がどうなるか不安だった。新しい学芸員とは引き継ぎをしなかった」

 ポスター配布や物品販売などのボランティアで市美術館を支援する市美術館協力会。300人を超えていた登録者数は09年度206人まで減った。解説ボランティアの主婦、木南恵子さん(61)はつぶやいた。

 「美術館は誰のものかしら。今は市民に愛される美術館でない気がする」

 再生への道はまだ見えない。【立上修】

 ◇新潟市美術館のかびやクモなどの問題

 企画展示室内で09年7月、水と土、わらを使った土塀状の作品など2点にかびが発生。10年2月には燻蒸(くんじょう)せずに持ち込んだ「エコ電動カート」からクモや甲虫類が計34匹確認された。奈良・法隆寺などが所蔵する国宝や重要文化財の仏像15点の貸し出しに当たり、文化庁は東京文化財研究所(東文研)に市美術館の環境調査を依頼。東文研は「問題ない」との認識だったが、相次ぐトラブルに、文化庁は「管理・運営の体制に十分な信頼が得られない」として貸し出しを認めない方針を決めた。

【関連ニュース】
仏像展:新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更
新潟市美術館:市長が文化庁訪問 国宝展示に理解求める
新潟市美術館:館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視
新潟市美術館:文化庁方針に市長不満 仏像展示問題
新潟市美術館:かびの次は虫、展示室でクモなど大発生

JR運転一時見合わせ、常磐道2時間通行止め 福島・震度5弱(河北新報)
ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)
民主過半数阻止へ新党結成も…自民・園田氏(読売新聞)
鳩山首相、政権半年「自分の意思、強く示したい」(産経新聞)
<三笠宮さま>左目の白内障手術が終了(毎日新聞)

離島のガソリン税優遇を検討=菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は11日の参院予算委員会で、離島におけるガソリン税(揮発油税など)の優遇措置について、「党としてそういう議論もある。ヨーロッパでは消費税を安くしたり減免したりしている所もあり、ぜひ検討課題にしたい」と述べ、2011年度税制改正論議の中で検討する考えを示した。佐藤信秋氏(自民)への答弁。
 現行税制では、離島振興の一環として航空機燃料税の軽減が認められているが、ガソリン税にはなく、これまでも民主党は税優遇を検討してきた経緯がある。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「順序が逆」民主に抗議へ=子ども手当修正協議で社・国(時事通信)
山口彊さん偲ぶ会 長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)
<保険金殺人>上申の元組長 東京高裁も懲役20年の判決(毎日新聞)
ブレーキ優先機能、義務化検討=米国リコール受け-トヨタ車アクセル問題・国交省(時事通信)
<車衝突>2人けが パトカー追跡 群馬(毎日新聞)

スカイマーク機高度誤って飛行、機長が入力ミス(読売新聞)

 スカイマークの新千歳発羽田行きの便で今月11日、機長が自動操縦装置の高度入力を怠り、一時、管制官の指示よりも約1950メートル高い高度で飛行していたことがわかった。

 衝突の危険などはなかったが、同社は国土交通省に報告、再発防止策を講じるとしている。

 国交省や同社によると、11日午後、羽田に向け降下していたスカイマーク716便(ボーイング737―800型機、乗員乗客173人)は、茨城県霞ヶ浦上空を飛行するまでに高度を1万3000フィート(約3900メートル)まで下げるよう管制官から2度指示を受けた。同機は了解したが、実際はこの地点を高度約5850メートルで通過。管制官が指摘し降下を始めたという。同機は、通常通り着陸した。

松田参院議員、自民会派を退会(時事通信)
女子高生、自宅の敷地内で巡査部長に襲われる(読売新聞)
暴追運動住民宅に銃弾=玄関などに6発-北九州(時事通信)
「友達の口から血が流れ…」加藤被告が運転するトラックにはねられた女性、証言台へ(産経新聞)
高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要(産経新聞)

諫早湾 干拓事業開門 政府・与党検討委初会合(毎日新聞)

 国営諫早湾干拓事業(諫干)の開門問題について政府・与党3党の考え方をまとめる検討委員会(座長・郡司彰副農相)の初会合が9日、国会内で開かれた。地元選出の与党議員らが出席し、農林水産省の担当者がこれまでの経緯を説明。検討委は今後、毎週開かれ、地元知事らの意見を聞きながら方針を決める。結論を出す時期について赤松広隆農相は同日の閣議後会見で「参院選もあり、落ち着いた中で答えを示した方がいいのではないかとの判断もある」と述べ、今夏参院選後となることもあり得るとの考えを示した。

 メンバーは九州各県選出の民主党衆・参院議員と国民新党の森田高参院議員、社民党の中島隆利衆院議員ら計11人。検討会では今後、開門の是非だけでなく、農業での塩害や漁業被害など開門した場合の影響、諫干訴訟の控訴取り下げについても話し合う。

【関連ニュース】
赤松農相:諫早湾開門調査、省内に委員会設置し検討
諫早湾干拓事業:開門調査、委員会設け検討--赤松農相
諫早湾干拓事業:中村知事、開門調査反対を副農相に訴え /長崎
なるほドリ:諫干の開門調査、実施されるの? /長崎
金子知事:「新幹線」「キヤノン」実績強調--最後の記者会見 /長崎

赤字を17年で解消…夕張市再生計画に同意(読売新聞)
<自民党>中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表(毎日新聞)
<輿石氏宅違反転用>固定資産税は義弟負担 農地で格安課税(毎日新聞)
普天間検討委8日に、社民・国民新から移設案(読売新聞)
白、ピンク…サクラソウ満開 板橋区の小学校(産経新聞)

全国展開の理美容会社書類送検=無資格者が散髪-鳥取県警(時事通信)

 虚偽の届け出をし、資格を持たない従業員に理容行為をさせていたとして、鳥取県警が、理美容店「プラージュ」を全国に約500店展開する「阪南理美容」(大阪府藤井寺市)と、同社の元エリアマネジャーの男性(37)、鳥取店元店長の女性(45)をそれぞれ理容師法違反容疑で書類送検していたことが10日、県警への取材で分かった。
 県警などによると、元マネジャーらは昨年11月、大阪府内の店に勤務する男性従業員(32)の名前で県に虚偽の届け出をし、鳥取店の無資格の男性従業員(29)に散髪などの理容行為をさせた疑い。
 阪南理美容は「社員がこうした行為をし申し訳ない。真摯(しんし)に受け止め徹底的に指導してきたい」としている。 

新型インフルによる血液製剤回収を取りやめ(医療介護CBニュース)
<男逮捕>6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎(毎日新聞)
<中2自殺>「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪(毎日新聞)
吉川英治文学賞に重松清さん(産経新聞)
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬(医療介護CBニュース)

国交省、緑ナンバーのエコカー補助金申請受付を19日から再開(レスポンス)

国土交通省は、エコカー補助金制度が今年9月まで延長されたのに伴って、昨年10月23日で打ち切っていた自動車運送事業者用車両(緑ナンバー)の補助金の申請を3月19日から再開する。

緑ナンバーのトラックなどは、予定していた財源が尽きたことから昨年10月23日で、申請受付をストップしていた。

2009年度第2次補正予算でエコカー補助金制度の9月30日までの延長が決まったため、対象となる車両購入で補助金が支給される申請を受け付ける。

第2次補正予算の範囲内で補助金交付するため、申請状況によっては9月より前に申請受付を打ち切る可能性もある。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
エコカー減免税対象車、登録車・軽自動車は74%…1月
日野 デュトロ、燃費改善でエコカー減税に対応
国土交通省 特別編集

性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)
北教組事件 小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
両陛下、ラオス大統領と会見(時事通信)
首相動静(3月4日)(時事通信)
やはり小天体衝突が原因=白亜紀末の恐竜など大絶滅-日本など国際チームが再検討(時事通信)

チリ巨大地震 17年ぶり大津波警報 「規模+位置」日本に波及(産経新聞)

 南米チリの巨大地震に伴う津波は日本列島の広い範囲に及び、東北地方などで高さ1メートルを超えた。チリから日本までは約1万8千キロも離れている。津波は遠くへ伝わるうちに、徐々に小さくなるのが普通だ。なぜ、こんなに遠い日本まで大きな波が伝わったのか。理由は、マグニチュード(M)8・8と非常に大きかった今回の地震の規模と、チリと日本の位置関係にある。(長内洋介)

                   ◇

 チリ沿岸部で起きる大地震の震源断層は、プレート(岩板)境界がある海岸線に沿って、ほぼ南北に延びている。津波は断層に直交する方向に強く伝わる傾向があるため、西方向に位置する日本付近は高い波を受けやすい。

 また、チリは日本からみて、地球の裏側に当たる。

 陸地の影響を考えなければ、地球を半周した津波はどんな経路を通っても、ちょうど裏側に集まっていく。

 今回の巨大地震では、大規模な津波が太平洋に広く波及した後、対極の位置にある日本付近に集まったとみられ、この収斂(しゅうれん)効果も波の高さを押し上げる一因だったようだ。

 気象庁によると、今回の津波は第1波よりも2回目以降の「後続波」の方が大きかったことが特徴だ。第1波の到達から最大の波が押し寄せるまでに、北海道根室市花咲で約5時間もかかるなど、津波への警戒は各地で長時間に及んだ。

 この現象も、震源地が遠い場所だったことに関係している。津波が広い太平洋を伝わる過程で、波の経路などが複数に分かれ、エネルギーの大きな波が遅く到達した可能性がある。

 50年前のチリ地震では、観測網が不十分で予測技術も確立されておらず、結果的に大きな被害を防げなかった。この教訓から、太平洋各国で津波観測網が整備され、現在は多くの観測データと、予測値を付き合わせることが可能になり、予測の精度は大きく向上した。

 ただ、28日夜までの津波の高さは予想を下回る場所が目立つ。

 気象庁地震津波監視課の関田康雄課長は「計算には限界がある」と予測の難しさを口にした。

「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表-死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)
事務機器入札、空自隊員が官製談合(読売新聞)
学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)
日立市など、茨城でも1万6000世帯に避難勧告 (産経新聞)
24歳看護師を逮捕=京大病院インスリン事件-京都府警(時事通信)

亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に悪影響」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は5日の参院予算委員会で、千葉景子法相が推進している選択的夫婦別姓導入のための民法改正案について「夫婦別姓は家庭のあり方に大変な悪影響を与える。そうであってはならない」と、改めて反対を表明した。さらに「通称(の使用)で今の日本社会でもうまくやっている。支障があるという方もいるが、たいした支障じゃない」と語った。

【関連記事】
夫婦別姓法案で千葉法相、党議拘束外しを示唆
廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰
「結婚は不自由…子供持てば一層」埼玉県教育委員長が発言、すぐ謝罪
ほころぶ家族の絆…お父さんだけ違う姓

<参院選岐阜選挙区>松田岩夫氏秘書 民主が擁立方針(毎日新聞)
北教組、08・09年度の会計書類隠ぺいか(読売新聞)
<宮城アパート火災>重体の2歳長男も死亡(毎日新聞)
<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)
トヨタへの対応に偏り…公聴会(レスポンス)

19億円脱税容疑で公認会計士を起訴 GWG脱税事件(産経新聞)

 人材派遣大手の旧グッドウィル・グループ(GWG)による人材派遣会社の買収をめぐる脱税事件で、東京地検特捜部は3日、約19億円を脱税したとして、法人税法違反罪で、公認会計士でファンド運営会社「コリンシアンパートナーズ」元社長、中村(旧姓中沢)秀夫容疑者(52)を起訴した。

 起訴状などによると、中村被告は後任の代表である鬼頭和孝被告(35)=同法違反罪などで起訴=と共謀。GWGによる人材派遣大手「クリスタル」の買収仲介で得た所得の一部を過少計上するなどの手口で、平成20年4月期の所得約64億5400万円を隠し、法人税19億3600万円を脱税したとされる。

 中村被告は昨年7月に海外に逃亡したが、同年12月に韓国で拘束。特捜部は今年2月に韓国当局から身柄の引き渡しを受け、逮捕した。

【関連記事】
犯人隠避で姉弟ら逮捕 GWG買収仲介脱税事件で
逃亡の会計士、韓国から移送され逮捕 GWG企業買収の脱税容疑
GWG子会社元会長に実刑
7500万円脱税、ファンド運営元代表を追起訴
GWG株インサイダー事件 子会社元会長が起訴内容認める 
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<東急田園都市線>ホームから転落、男性重体 二子新地駅(毎日新聞)
衆院選無効訴訟で判決へ=別枠配分「違憲」と主張-東京高裁(時事通信)
日精協の鮫島会長、3期目満了で退任へ(医療介護CBニュース)
原口総務相はツイッター? 3閣僚遅刻問題(産経新聞)
消費税論議の開始反対=「景気に水」-社民、国民新(時事通信)

経団連の献金関与打ち切りは痛手 自民総務会長(産経新聞)

 自民党の田野瀬良太郎総務会長は26日の記者会見で、日本経団連が政治献金の会員企業への関与を打ち切る方針を固めたことについて「(党の)財政が非常に厳しい中、しっかり政策を磨く以外にない」と述べ、痛手になるとの認識を示した。同時に「自民党の経済対策が経団連の求める政策に近かったから、支援してもらっていた。野党になり政策を反映できなくなった。経団連の対応は致し方ない」と述べた。

 平成20年の経団連会員企業の献金額は民主党向けが約1億円、自民党向けが約27億円。経団連の関与が打ち切られれば自民党への打撃が大きいとみられている。

【関連記事】
自民審議復帰 疑惑隠し政党に問題あり
国交省審議会の“自民寄り”委員を更迭 後任には「親民主」がズラリ
自民が国会審議に復帰 衆院議長不信任決議案などは否決
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発
鳩山首相、子供連れ去り解決のハーグ条約「早く道筋を…」

津波到達は2月30日??兵庫県、速報でミス(読売新聞)
山本病院事件で急死した医師、逮捕時から不調 前日に急性腎不全(産経新聞)
「山本病院」手術死事件、逮捕の元主治医が病死(読売新聞)
<学校資金横領容疑>元事務員2人逮捕、偽造領収書で 愛知(毎日新聞)
昨年の大麻検挙者2931人、過去最高 覚醒剤密輸は前年比倍増(産経新聞)

雑記帳 しょっつるパン発売 秋田(毎日新聞)

 秋田市にある百貨店の西武秋田店が、地元の伝統食材で大根をいぶした漬物「いぶりがっこ」や魚醤(ぎょしょう)「しょっつる」を使ったパンを地下食品売り場のパン店と共同開発した。27日から発売する。

 角切りのいぶりがっこをパン生地で包んだものと、セリ・マイタケ・鶏肉をパンに載せ、しょっつるで味付けしたものなど3種類。独特の歯応えや香りが楽しめ、しょっつるパンは鍋料理のような味もする。

 ミスマッチにも見えるが、約1カ月にわたり試行錯誤を重ねただけに味のバランスは絶妙。“酒の国”秋田らしく、店の担当者は「朝食だけでなく、晩酌のおつまみにもどうぞ」。【小林洋子】

【関連ニュース】
四条河原町阪急:今秋に閉店…京都
松坂屋:名古屋駅店8月閉鎖発表 正社員は本店などに転属
セブン&アイ:西武有楽町店、年内閉鎖も 赤字続きで
余録:百貨店の苦境
マータイさん:ショップ訪問 小田急・新宿店

地方選勝利の勢いで自民が強気の審議拒否(産経新聞)
国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)
濃霧で欠航相次ぐ=80便以上に影響-羽田空港(時事通信)
団結小屋明け渡し命じる=成田空港会社、反対派に-千葉地裁(時事通信)
無償化から朝鮮学校除外、国連委が「懸念」(読売新聞)
プロフィール

かどまつまさはる

Author:かどまつまさはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。