スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<詐欺>TV出演の占い師が生活保護費詐取 容疑で逮捕(毎日新聞)

 生活保護費を不正に受給したとして、大阪府警西成署は24日、テレビや雑誌に登場している占い・祈とう師、井上真教(本名・井上時弘)容疑者(62)=大阪市西成区南津守6=を詐欺の疑いで逮捕した。市によると、井上容疑者は昨年7月までの約4年間で、占いなどで少なくとも計約1070万円の収入があったにもかかわらず、無収入と偽り保護費を受給していた。市は同額を返還させる方針。

 逮捕容疑は08年1月上旬、占い・祈とう師としての収入約18万円を無収入とし、市から同月分の生活保護費約18万円をだましとった、としている。容疑を認めているという。

 西成署や市によると、市のケースワーカーが昨年6月、民放のバラエティー番組に出演している井上容疑者に気づいて発覚。市は昨年7月分を最後に支給を打ち切り、今年1月、同署に告訴した。

 井上容疑者は大阪市北区天神橋4の雑居ビルで占い店「三光道」を構える一方、「身体障害があり就労できない」として、99年から生活保護を受給していた。身体障害1級の手帳を所持している。

 「三光道」の近くで働く男性店員(23)は「(井上容疑者が)テレビに出演しているのを知っていた。最近はあまり姿を見なかったが、まさか逮捕されたとは……」と驚いていた。【土本匡孝、石川隆宣、山口朋辰】

【関連ニュース】
レタスカード:36億円詐取 容疑の元社長ら逮捕
詐欺容疑:元専大付高校長を逮捕 警視庁
元議員秘書詐欺:神容疑者、経歴も詐称
詐欺:山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い
エビ養殖詐欺:元部長に無罪判決 東京地裁

夜間対応型訪問介護、認知度アップや人材確保が課題(医療介護CBニュース)
議運筆頭に高木氏復活「知事選優先」と自民批判(読売新聞)
国公立大入試4.9倍=志願倍率が確定-文科省(時事通信)
医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
外国人参政権を議論=4月6日に臨時知事会議(時事通信)
スポンサーサイト

1票格差2・30倍は平等に反する程度…東京高裁(読売新聞)

 議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が最大2・30倍に達した昨年8月の衆院選小選挙区について、議員数が人口に比例して配分されておらず、選挙権の平等を保障した憲法に反するとして、東京都と神奈川県の弁護士らが、東京、神奈川の選挙管理委員会に選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の判決が24日、東京高裁であった。

 富越和厚裁判長は請求を棄却する一方、「格差は憲法の要求する選挙権の平等に反する程度に至っていたが、区割りを是正しなかったことが憲法に違反するとは断定できない」と述べた。

 昨年8月の衆院選を巡っては、昨年12月に大阪高裁、今年1月に広島高裁で違憲判決が出されており、司法判断が分かれる形となった。

<蔵出しみかん>甘~くなって出荷…岐阜・海津(毎日新聞)
<東大寺>法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ(毎日新聞)
【Web】アイフォーンにドラえもん出現(産経新聞)
党首討論 政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初(毎日新聞)
<母子殺傷>38歳被告、改めて無罪主張 札幌で第5回公判(毎日新聞)

<金属化合物>最も重い電子を持つ 京大グループ作成(毎日新聞)

 京都大大学院理学研究科の松田祐司教授(低温物理学)らの研究グループが、「最も重い電子」を持つ金属化合物を作ることに成功した。19日の米科学誌「サイエンス」に掲載する。グループは「新たな超電導物質や記録容量の大きな磁気記録媒体の開発につながる可能性がある」としている。

 電子の重さは動きの“自由度”に左右され、金属の中では真空中の約10倍重くなり、横にしか動けない二次元の世界では更に重くなる。今回の「最も重い電子」の計算上の重さは、真空中の約1000倍の「9.1×10のマイナス28乗キログラム」。

 研究グループは、紫外線フィルターなどに使うセリウムの原子核周辺の電子が非常に重いことに注目。ほぼ完全な真空状態で、金属のランタンと共に加熱して気化させ、厚さ約0.2ナノメートル(ナノは10億分の1)と非常に薄いセリウム化合物の膜を作った。

 そこに閉じ込められた電子の重さを計算したところ、真空中の電子の約1000倍に達し、これまで知られていた約200倍重いセリウム化合物を大きく上回った。【広瀬登】

【関連ニュース】
サバ水煮缶:高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令
カドミウム:給食の玄米から微量検出 兵庫・地元で収穫
高濃度ヒスタミン:青森のサバ缶回収 食べて口にしびれ
旧焼却施設周辺から環境基準の最高21倍検出--神奈川・相模原
カドミウム:学校給食米から検出 人体影響なし--兵庫

<盗難>新田義貞の銅像が 群馬・太田の神社境内から(毎日新聞)
政治とカネ 企業なら「知らない」で済まない(産経新聞)
<設標船ほくと>最後のブイ交換作業を終える 引退へ(毎日新聞)
出産育児一時金で「経営難」 分娩費用値上げに動く(J-CASTニュース)
<首都圏・雪>早大入試にも影響(毎日新聞)

【党首討論】資金提供問題、実母には改めて聞かないと鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日の党首討論で、自民党の谷垣禎一総裁から、実母からの資金提供について、首相が実母本人に事情を聴くべきだと迫られたが、「母が、母の弁護士に話をして、検察に情報が集約され、それにより納税した。それが事実として正しい判断だ」と述べ、実母に改めて事実関係を確認する考えのないことを強調した。

【関連記事】
首相らに不満 確定申告「納税ばかばかしい」
納税者は皆、怒っている 国税は悪質脱税を告発せよ
首相激高の巨額“子ども手当て”の真相は!? 邦夫氏発言がカギ
「兄が無心とは聞いてない」 鳩山邦夫氏
「脱税王だ!」“子ども首相”逆ギレもマザコン「母に…」

雑記帳 道路標識の支柱に腐食防ぐ新素材導入 埼玉県警(毎日新聞)
囲碁棋聖戦、山下棋聖が1勝返す(産経新聞)
民家火災で2人死亡=老舗うなぎ店主と長女か-埼玉(時事通信)
<中宮寺跡>心柱立てる施設跡を確認 奈良・斑鳩町教委(毎日新聞)
大仁田氏応援で松山千春が「恋」熱唱…長崎県知事選(スポーツ報知)

藤田まことさん死去 逆境にも涙をのんで仕事人(毎日新聞)

 17日に76歳で亡くなった藤田まことさん。「てなもんや三度笠」のあんかけの時次郎役でブレークして以降、必殺シリーズの中村主水、「はぐれ刑事」の安浦吉之助と、テレビ史に独自のキャラクターを刻んできたまさに「仕事人」。数十億円ともいわれる巨額負債や大病も持ち前のねばり強さではね返してきた。戦争経験者らしく、反戦への思いも人一倍強かった。

【藤田まことさんの役者人生】

 06年に出演したテレビ番組では「コメディアンでした」と自らを称した藤田さん。その持ち味は「てなもんや三度笠」で開花。定番の「あたり前田のクラッカー」は、番組を知らない世代でも耳に覚えがある名コピーだ。

 一方、強烈なイメージのため、それ以降は役が付かない不遇に見舞われた。中村主水のオファーを受けたのは週末営業のキャバレーで。「嫁としゅうとにいびられる情けない男の役。みんな断ったから私に来たんです」と語っていた。支えは、1年ほどたった時の京都撮影所での故三隅研次監督の一言。「この役、ちゃんとやったら一生もんになるで」。シリアスとコミカルを演じ分け、自らの代名詞として完成させた。

 80年代には親族の事業失敗が原因で数十億円の負債を負った。役者生活最大とも言えるピンチだったが自宅を売却。休日返上で愚痴を言わずに働く姿に、債権者までもが仕事を回し応援したという。

 また、沖縄で戦死した兄の手紙を常に持ち歩くなど反戦への思いも抱き続けていた。戦後60年以上を経てようやく行けたという沖縄で、白米のおにぎりを海に投げ入れたという。その思いを役者として結実させたのが、死刑になるB級戦犯を演じた「明日への遺言」(小泉堯史監督)だった。

 08年、食道がんで療養後、ドラマで復帰した役は中村主水だった。復帰会見で「神様が差配してくれた」と涙をにじませていた。

 いったんは元気になった藤田さんだが、09年11月に再び体調不良で入院。10年1月15日に時代劇専門チャンネル(CS放送)の特別番組のナレーションで仕事に復帰したばかりだった。

 京都市右京区の松竹京都撮影所で「必殺シリーズ」が撮影された際、主役・中村主水の家の食事を作っていた近くの食堂「つたや」。先代のおかみ、山本和子さん(80)は「シリーズ初期のころ、共演者や監督らと毎日のように来ては、飲んだり歌ったりしていた。好物のきつねうどんを撮影所に出前した時も優しく接してくれた。残念です」と語った。

【関連ニュース】
【関連記事】訃報:藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」
<藤田まことさん>慢性閉塞性肺疾患で「JIN」降板 「断腸の思い」新門辰五郎役
<藤田まことさん>復帰作「剣客商売」 いぶし銀のベテラン2人
文学・評論 『最期』=藤田まこと・著

レンチで脅した商店強盗、菓子投げられ退散(読売新聞)
千葉大生殺害、ATM男「被害者宅入りやすそう」(読売新聞)
<女性遺体>80代姉妹が焼身自殺か…大阪・大東(毎日新聞)
宗教法人代表を起訴=女性信者に乱暴-水戸地検(時事通信)
王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)

北海道開発局元課長を減給処分=公用車業務官製談合で-国交省(時事通信)

 国土交通省は17日、同省発注の公用車運転管理業務をめぐる官製談合事件で、内部調査の結果、入札に関する情報を業者に漏らしたことが認定されたとして、国家公務員法違反により北海道開発局開発監理部の元総務課長を給与1カ月分10%の減給処分、部下だった元総務課長補佐を戒告処分とすると発表した。処分は18日付の予定。
 このほか、情報漏えいが認定されたが、既に退職して同法の適用外となる元開発監理部長2人に対し、在職時の給与3カ月分10%、同4カ月分10%に相当する金額の自主返納を要請する。
 17日に公表された内部調査の報告書によると、4人は2002年1月、公用車管理業務の発注に指名競争入札を導入するスケジュールや業者指名の考え方などの未公表情報を業務を請け負っていた北協連絡車管理の社長、専務(いずれも北海道開発局OB)に教えていた。 

【関連ニュース】
勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野
福田組が5億円所得隠し=地元対策費を経費計上
「事務次官」存続に総務相が異論=公務員改革法案
局長ら幹部に面談実施へ=人事の「事前調査」と警戒も
評価項目ごとに研修=国家公務員に新設

東京・練馬でアパート火災、幼児2人死亡(読売新聞)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
殺人未遂 元警官、自宅前で撃たれ重傷 福岡(毎日新聞)
<将棋>久保が3勝目 74手で羽生降す 王将戦第4局(毎日新聞)
「発言、信ぴょう性欠ける」=元朝青龍関問題で中間報告-相撲協会(時事通信)

「JAPANデビュー」偏向番組訴訟 台湾統治でNHK側は争う姿勢(産経新聞)

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」の出演者などから番組内容に偏向があったと批判が相次いだ問題で、出演者の台湾少数民族・パイワン人や視聴者ら計約1万300人がNHKに計約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁(岡健太郎裁判長)であった。NHK側は争う姿勢を示した。

 また、原告側が意見陳述を行い、「台湾の日本語世代の人たちは、教育への貢献など日本による統治時代を高く評価している。(証言をねじまげた今回の番組は)公共放送として許されない」などとNHKの姿勢を批判した。

 問題の番組は昨年4月5日に放送されたが、「日本の台湾統治を批判するため、出演者の証言をねじ曲げている」などと批判が集まった。

【関連記事】
日本が残した先住民の資料 「台湾文化守った」 テーマパーク建設に貢献
NHK偏向報道で2次提訴 パイワン族男性「自尊心傷つけられた」
「客観的判断」とNHK 怒り収まらぬ台湾の人々
「偏向報道」抗議者に「不問」求める 訪台のNHK番組関係者
NHK偏向報道問題で千葉県議会が意見書採択

小学館社長かたりモデル志望の女性騙す 「誕生日プレゼントを…」と現金詐取 逮捕 (産経新聞)
献金は「政党シンクタンク」に 経済同友会、企業献金の原則禁止を提言(産経新聞)
山崎さんシャトル、4月に=低気温で延期-NASA(時事通信)
【1都4県週刊知事】静岡 川勝平太知事 航空各社と不協和音(産経新聞)
「発言、信ぴょう性欠ける」=元朝青龍関問題で中間報告-相撲協会(時事通信)

ひこにゃんに全国のファンからバレンタインチョコ(産経新聞)

 バレンタインの14日、滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」に全国のファンからチョコレートなど計224個が届いた。

 昨年の186個を上回り過去最多。この日もひこにゃんが登場する彦根城などでは約1500人のファンが集まり、直接チョコを手渡した。

 28の都道府県から届き、ひこにゃんの絵を描いた手作りチョコも。なかには「虫歯にならないで」と歯ブラシを添えられたものまであった。

【関連記事】
ゆるキャラ海外デビュー 香港のパレードで
せんとくんに蓮花ちゃんからチョコケーキ
「返事は待ってにゃん」滋賀・彦根のひこにゃんに年賀状4600通
非常食持つゆるキャラ…「さばトラななちゃん」小浜市が公認
全国のゆるキャラ大集合 みうらじゅんさんも参加

小沢氏訪米までに普天間解決を=細野氏(時事通信)
ナマコ密漁船、370キロ逃走…海保6時間追跡(読売新聞)
大阪市の生活保護20人に1人、転入が後絶たず(読売新聞)
<鳩山首相>解散政党交付金の寄付禁止に前向き姿勢(毎日新聞)
長岡京 よろいの部品、内裏跡から出土(毎日新聞)

地中海マグロが「おいしい」=苦境打開へ、あの手この手(時事通信)

 国際規制により食べられなくなる可能性もある地中海産の養殖クロマグロが、おいしくなってきたと評判だ。生産減に加え、不況による取引価格の低迷が追い打ちを掛ける中、付加価値を高めようと、生産者らがさまざまな工夫を凝らしている。
 首都圏に69店舗を展開する回転すしチェーンの銚子丸(千葉市)は1月下旬から、生のトルコ産養殖クロマグロを使ったにぎりすしの特売フェアを実施している。
 同社は年間を通して世界中から高級マグロを仕入れているが、「トルコ産は養殖特有のにおいや不自然な脂乗りがなく素晴らしい仕上がり」(三浦光存スーパーバイザー)と太鼓判を押す。これまでの地中海産と比較しても、「質の向上が目覚ましい」とすし店などの間で話題になったほど。
 味が良くなった理由についてある輸入業者は、「えさに鮮度が良い生の魚やハーブなどを混ぜた高価な飼料を使っているため」と明かす。さらに、天然魚の漁獲枠が減少した影響でいけすに入れる魚が減り、「過密な生育環境が改善されて運動量が増えたこともプラス要因」という。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
マグロ取引禁止案の採択勧告=日本の立場厳しく
禁止案の採否は「微妙な差」=クロマグロ取引維持に全力

<天気>西日本の太平洋側で気温上昇 延岡市で26.1度(毎日新聞)
「三百代言」のそしり、免れないのはどちら(読売新聞)
「医療崩壊止められない」―報酬改定で保団連(医療介護CBニュース)
修行僧が水ごりの荒行に挑戦 墨田区(産経新聞)
田村参院議員、民主党入党へ…参院会派で半数に(読売新聞)

<松戸女子大生殺害>竪山容疑者を強盗殺容疑などで再逮捕へ(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、県警松戸署捜査本部は17日にも、荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出した窃盗容疑で逮捕した無職、竪山辰美容疑者(48)を強盗殺人と現住建造物等放火の疑いで再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は昨年10月21日、荻野さんの胸などを包丁で刺して殺害し、22日に放火した疑いが持たれている。県警の調べに、竪山容疑者は荻野さんを包丁で刺し、部屋に放火したことを認めており、経緯を記した上申書を提出している。

 また、捜査本部は供述に基づき現場近くで荻野さんのものとみられるTシャツなどを発見。シャツに付着した血痕のDNA型が荻野さんのものと一致したうえ、遺体の首にあったストッキングの遺留物と竪山容疑者のDNA型が一致したという。【神足俊輔】

【関連ニュース】
千葉大生殺害:窃盗容疑で男再逮捕、カードで現金引き出す
千葉大生殺害:遺体のストッキングから無職男のDNA型
松戸女子大生殺害:ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑
千葉大生殺害:前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述
千葉大生殺害:「放火し窓から逃げた」ATMの男供述

官邸主導人事、検察や宮内庁は除外…改正案(読売新聞)
野口飛行士 宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録(毎日新聞)
<土曜授業>「賛成」9割 ネット調査(毎日新聞)
薬害防止の第三者委員会設置へ=作業部会が合意-厚労省(時事通信)
無抵抗で刺される?前部に深い傷…宮城3人殺傷(読売新聞)

雑記帳 “裏”もあります 京都の消防署出張指導メニュー(毎日新聞)

 京都市上京消防署が、地域住民に消火訓練や応急手当てなどを体験してもらう出張指導を始めることになり、内容を記した「出前メニュー」(A4判、4ページ)を作った。

 お品書きには、消火訓練や応急手当てなど五つの定番に加え、これらを組み合わせた防火スペシャルコースも。値段の代わりに所要時間や参加人数の目安を載せている。

 料金はすべて無料。電話での注文にも応じる。“常連”向けには裏メニューの「天ぷら」も用意。注文すれば、過熱して火の入った天ぷら鍋の消火方法を教えてくれる。【橘建吾】

<追い出し屋>被害者の会 11日に結成(毎日新聞)
<石巻2人刺殺>元交際少年 事件前夜、姉とつかみ合い(毎日新聞)
「作り話。弟信用できない」=政治資金無心の指摘に激高-鳩山首相(時事通信)
【科学】「味覚」の要素を数値化、分析できるセンサー開発 九大大学院の都甲教授(産経新聞)
<民主党>小沢氏再起動…参院選候補選定、急ピッチ(毎日新聞)

県産品PRで都内地下鉄にステッカー=熊本県〔地域〕(時事通信)

 熊本県は、首都圏の消費者に県産の農林水産物をPRするため、県宣伝部長でタレントのスザンヌさんと県産農林水産物が一緒に写ったステッカーを10種類作製した。東京メトロと都営地下鉄全線の全車両のドア付近に各1枚ずつ2845枚を張り付ける。
 掲示期間は28日まで。デコポンやメロン、トマトのほか、車エビや熊本地鶏「天草大王」、熊本ブランドの牛肉「あか牛」などと生産者、スザンヌさんが一緒になった写真を採用している。
 ステッカーには、簡単なクイズを記載。パソコンや携帯電話で応募でき、正解者の中から抽選で500人に2000円相当の県産品の詰め合わせが当たる。応募は3月10日まで受け付ける。プレゼントを含めた総事業費は927万円。県農林水産部は「熊本の農林水産物を首都圏で印象付けたい。認知度の向上につながれば」などとしている。 

【関連ニュース】
〔写真〕県産品PRで都内地下鉄にステッカー=熊本県
〔地域の情報〕バレンタインにカカオ焼酎はいかが?=鹿児島
〔地域の情報〕建設進む九州新幹線「新玉名駅」=熊本
〔地域の情報〕「合掌犬」に警察が感謝状=交通安全協力で
〔地域の情報〕まゆのひな人形、制作ピーク=長野県須坂市

外交機密費 官邸へ「上納」 政府初認定、違法性は否定(産経新聞)
<雑記帳>バレンタインデーには「油揚げ」…ハート型です(毎日新聞)
社民、小沢氏に政倫審出席促す方針(読売新聞)
枝野氏は「助っ人閣僚」 官房長官、政府と党との連携に影響はないと強調(産経新聞)
「普天間拒否」の稲嶺名護市政スタート 反米闘争勢力の拠点(産経新聞)

<エルニーニョ現象>春から夏までに終息の可能性 気象庁(毎日新聞)

 気象庁は10日、太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が今春から今夏の間に終息する可能性が高いと発表した。

 エルニーニョ現象は昨年6月ごろから発生していたが、春以降は海面水温が基準値を下回ると予想される。日本の春の気温は平年より高くなる見込み。

【関連ニュース】
ハイチ大地震:陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で
春の陽気:都心で21度 3地点で2月観測史上最高を更新

志望校一覧を生徒に配布=中3担任教諭、苦情受け回収-岐阜(時事通信)
将棋 渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦(毎日新聞)
報償費「上納」認める=外相、違法性は否定-政府(時事通信)
特定失踪者の中に拉致被害者の可能性 中井担当相が参院決算委員会で言及(産経新聞)
健康診断、より正確に!血液検査の関連遺伝子46個を発見 (産経新聞)

<将棋>王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負の第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、掛川市、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会協賛)が10日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で始まった。

 第1局(1月15、16日)は、久保がリードを保ったまま快勝。第2局(同28、29日)は、羽生が際どい終盤戦を制した。久保はその後、棋王戦第1局(5日)で挑戦者の佐藤康光九段に敗退。だが、B級1組順位戦(8日)で勝って、A級への返り咲きを決めた。

 1勝1敗で仕切り直しの本局。掛川城内の和室に両対局者が入り、定刻の午前9時、立会の田丸昇八段が開始を告げた。久保の7五歩に対し、羽生は第1局(4二玉)と手を変え、5四歩と応じた。

 久保が三間飛車、羽生が向かい飛車に構え、今期初めて相振り飛車になった。羽生と久保が2年前に指した王将戦第1局と同様の進行だ。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:王将戦第3局 初の掛川城タイトル戦 10、11日
将棋:渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦
将棋:佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級
将棋:74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢
将棋:羽生が馬を作る 王将戦七番勝負第2局2日目

3人死亡、運転の容疑者「報道でひき逃げ知った」(読売新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(上)】被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判(産経新聞)
石巻3人殺傷 次女交際相手の18歳ら2人を逮捕(産経新聞)
石川知裕議員 辞職せず 支援者に意向伝える(毎日新聞)
首相動静(2月5日)(時事通信)

自民、元女優ら2新人を擁立(産経新聞)

 自民党は5日、夏の参院選で、北海道選挙区に元団体役員の長谷川岳氏(38)、比例代表に会社社長の田島みわ氏(45)を新たに公認した。長谷川氏は昨年の衆院選で北海道1区から出馬、落選していた。田島氏は「麻生真宮子」の芸名で歌手・女優活動の経験があり、現在はイタリアの食文化から見た都市再生の研究をしている。両氏の公認で、自民党の候補者は、選挙区36人、比例代表20人の計56人となった。

【関連記事】
自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用
小沢幹事長、田村参院議員に入党要請
平沼氏「懐かしい場所に戻ってきた」
安倍氏会長の研究会が「創生『日本』」に名称変更
石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 山岡氏

<小沢幹事長>鳩山首相と官邸で会談(毎日新聞)
強風、大雪に警戒呼び掛け=北・東日本で冬型続く-気象庁(時事通信)
【集う】2010年度ミス日本グランプリ(産経新聞)
「ずさんな物品購入」発覚=5年間で427件、総額1億円-農水省(時事通信)
太田前代表の公認取り消し=参院選で公明、責任論に配慮(時事通信)

「隠れ天下り」監視へ新機関、人材センター廃止(読売新聞)

 政府が今国会に提出する国家公務員法等改正案の概要が3日、明らかになった。

 各省庁のあっせんによる国家公務員の「天下り」根絶に向け、内閣府の「官民人材交流センター」を廃止し、新たに「民間人材登用・再就職適正化センター」を新設することなどが柱で、4月1日の設置をめざす。

 新センターは、各省庁による民間人採用や官民人事交流の支援のほか、再就職した官僚OBの出身省庁への働きかけや、官僚OBが独立行政法人の役員以外の嘱託職員などに再就職する「隠れ天下り」などの監視を行う。こうした「天下り」監視は、同センター内に第三者機関「再就職等監視・適正化委員会」を設置し、同委員会が調査や勧告を行う。センター長には閣僚を充てるとしており、平野官房長官を起用する方向で調整している。

 「官民人材交流センター」は麻生政権下の2008年末に、各省庁が行っていた再就職のあっせんを内閣が一元管理するため設置された。これに対し、鳩山政権は発足直後の昨年9月、省庁あっせんによる天下りそのものを禁止する方針を打ち出したため、同センターは事実上、機能を停止していた。

 法案にはほかに、国家公務員の幹部人事を一元管理するため、内閣官房に「内閣人事局」を4月1日に設置すると明記。同局は労働基本権に関する検討など、今後の公務員制度改革も担当する。同局長は首相が官房副長官の中から指名するとしており、松井孝治官房副長官の起用案が浮上している。

<法人税法違反容疑>「カネは返すな!」の八木被告再逮捕(毎日新聞)
<春闘>基幹労連、定昇や一時金確保重視へ(毎日新聞)
<訃報>新開庸晃さん76歳=TOTO特別顧問、元副社長(毎日新聞)
鳩山首相「分からない」 小沢氏の道義的責任の有無(産経新聞)
大久保被告、虚偽記入への関与一部認める供述(読売新聞)

飲酒運転で免許更新へ、警察署で暴れ逮捕(読売新聞)

 運転免許証を更新しようと、酒に酔ったまま乗用車を運転して警察署に来たとして、神奈川県警相模原北署は4日、同県相模原市下九沢、無職守屋進容疑者(45)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、守屋容疑者は同日午前9時20分頃、同署近くの市道で、酒に酔ったまま車を運転した疑い。守屋容疑者は免許証の個人情報を入力するタッチパネル式機械に暗証番号を入力できず、免許証を投げつけるなど暴れ出した。同署員には「歩いてきた」と話したが、駐車場から車で出て行ったためパトカーで追跡、現行犯逮捕した。

 守屋容疑者は「自宅で缶ビール2本と焼酎をコップで数杯飲んだ」と供述。呼気1リットル中約0・45ミリ・グラムのアルコールが検出された。

無登録で海外ビジネス出資募る=容疑で家宅捜索-警視庁(時事通信)
<立春>各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
NZ機、離陸中断で急ブレーキ=空港一時閉鎖、けが人なし-成田(時事通信)
千葉「正論」懇話会 田久保忠衛氏講演「日米同盟は最大の危機」(産経新聞)
【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず(医療介護CBニュース)

要介護認定、特記事項への記載徹底で事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月2日、要介護認定調査と介護認定審査会における留意事項について、都道府県の介護保険主管課などに事務連絡を行った。認定調査員には、特に軽度者への認定調査において「介助されていない」などの選択肢を選ぶ場合に、実際に介護の手間が発生していれば二次判定で考慮できるよう、特記事項に手間の内容と頻度を記載するよう求めている。

 事務連絡は、1月15日に厚労省が開催した「第4回要介護認定の見直しに係る検証・検討会」での検討結果を受けたもの。検証・検討会では、認定調査員の研修において特記事項の記載方法の説明が徹底していない状況が示された一方で、研修を充実させている自治体では、「非該当」や「要支援1」の分布状況が過去3年間とほぼ同じで、「軽度化傾向」が抑制されているとの調査結果が報告された。

 事務連絡では、認定調査員への留意事項として、「介助されていない」や「(有無を尋ねる項目で)ない」を選択する場合でも、実際に介護の手間が発生していれば、手間と頻度を特記事項に記載するよう求めている。
 例えば、室内を自力で移動できる高齢者について、「移動」の項目で「介助されていない」を選んだ場合も、外出時には家族の介助を必要としているなら、特記事項に「週2回の通院外出時の移動における家族の手引き歩行、車送迎」などと記載することとしている。
 また、家族が高齢者の背中に軟こうを塗るといった介助をしている場合など、テキストに当てはまる項目がなくても、特記事項に「1日3回の家族による軟こう塗布」などと介護の手間や頻度を記載するよう指示している。
 このほか、「認知症高齢者の日常生活自立度」が2以上のケースでは、認知症行動・心理症状(BPSD)に関連する項目などで介護の手間が発生している可能性が高いことから、特記事項には「感情が不安定で家族が毎日なだめており、手間が掛かっている」などと記載するよう求めている。

 認定審査会に対しても、特記事項などを参考にしながら、必要な場合には一次判定結果の変更を行うこととしている。特に、一次判定で軽度と判定され、「認知症高齢者の日常生活自立度」が2以上の場合、BPSD関連項目の特記事項に着目し、一次判定の変更の必要性を検討するよう求めている。


【関連記事】
要介護認定「混乱はほぼ終息」-見直し検証・検討会
1次判定で「非該当」3.3ポイント減―要介護認定
要介護認定の一次判定、「軽度化是正された」が8割
「軽度化」批判で迷走―2009年重大ニュース(4)「要介護認定」
要介護認定「非該当」者らの再申請勧奨で通知―厚労省

岐阜市長選、現職・細江氏が4選果たす(読売新聞)
<普天間移設>中旬にグアム基地視察へ 政府・与党検討委(毎日新聞)
政治主導法案を閣議決定へ=国家戦略局、刷新会議を明記(時事通信)
新たな信用保証枠設定も、中小企業支援策強化へ(読売新聞)
【無名録】教えない「先生」(産経新聞)

ベルマーク50周年 AED購入や「実験教室」利用も(産経新聞)

 生活用品のパッケージに付いている「鐘」のマークを家庭などで集めると、学校に図書や備品が寄付できる「ベルマーク運動」が今年、50周年を迎える。PTA活動を核にして脈々と続く社会貢献の定番。しかし、“モノ”が豊かになった今、少しずつ変わりゆく点もあるようだ。(津川綾子)

  [グラフ] 激減も…最近は持ち直す? ベルマークの収集点数推移

 ◆愛の鐘を響かせよう

 ベルマークにも「旬」がある。「夏休み明けは昼にラーメンを食べるから日清食品が増える」「バナナダイエットがはやったときは住商フルーツのベルマークが集まった」…。東京都足立区立綾瀬小学校を訪れると、ベルマークを仕分ける母親数人が教えてくれた。

 同小では平成20年度約13万4千点のベルマークを集め、竹馬や図書などを購入。ベルマーク関連の事務作業はPTA活動が担い、作業中はベルマークが吹き飛ばないようエアコンを消すこともある。骨が折れる作業だが、藤本絵里さん(44)は「子供の喜ぶ物を買ってあげられるのがうれしい」。

 ベルマーク運動は昭和35年、僻地(へきち)学校などの教育設備の充実を目指してスタート。鐘のマークは「国内外の友達に“愛の鐘”を鳴り響かせよう」という助け合いの精神を象徴する。

 ベルマーク1点で1円に相当し、参加校がベルマークの点数で買い物をすると、その金額の1割が僻地の学校などへの援助に回る仕組みだ。59年以降、特別支援学校(盲、ろう、養護学校)や災害被災校、発展途上国などへも援助先は広がった。昨年度は全国の学校や公民館などが約4億5千万点を収集。ベルマーク預金も含めて約5億円分の物品購入があり、約5千万円が僻地校などへの援助に回った。

 ベルマークが付くのは調味料やおやつ、学用品など生活に密着した商品が中心。意外なところでは、ファミリーマートのおむすびを包むフィルムにも付く。小学生を持つ家庭では「焼きのりの入れ物」や「小物入れ」などに日常生活で手に入れたマークをためているようだ。

 ◆時代とともに変化

 ベルマーク運動の活況は景気の動きと重なる。好況に沸いた昭和60年代までは、収集点数は伸びた。しかし、バブル崩壊後、平成不況とともにベルマークを付ける「協賛会社」は減り、平成14年は55社とピーク時の約7割に落ち込んだ。

 ところが、同じ不況でも今は違う。「企業が社会貢献活動への関心を高め、ベルマーク運動も再び注目されている」と、ベルマーク教育助成財団(東京都中央区)の野中正治さん。協賛会社数は64社と盛り返した。ベルマークを使って購入される品々にも時代を反映。サッカーボールや一輪車などの定番に加え、最近はAED(自動体外式除細動器)購入も目立つ。

 50年の活動で、「“モノ”が豊かになった今、学校には必要な設備はある程度そろった」(野中さん)。その結果、僻地校への援助では9年から理科の実験教室などソフト面での援助も選べるようになった。50周年を迎える今年、一般の参加校向けにも「運動塾」のプログラムを用意する予定だ。

 ■学校外に回収箱設置

 「ベルマーク運動はPTA活動」とのイメージが強いが、実は運動に“卒業”はない。

 首都圏に展開する「クイーンズ伊勢丹」(東京都新宿区)は、16店舗で「キリンビバレッジ」社の清涼飲料水約10種のベルマークを回収する箱を定期的に設置。次回は3月に回収箱を置く予定だ。また、小学校が独自に地域の商店などに協力を呼びかけ、店頭に手作りの回収箱などを置きベルマークを募る動きもある。最寄りに回収箱がない場合、(1)近隣の学校に寄付(2)ベルマーク教育助成財団に郵送-などで有効利用される。

【関連記事】
脱ニートに! ネットで集めたスーツ貸します
「ニコニコ静画」 みんなで静止画集めてスライドショーに
見えない“敵”を集めて封印 Jパワーの切り札
“おやじっぽさ”で人気集めたカンガルーの「ハッチ」死す
【テレ美女ン】峯岸みなみ 帽子集めの意外な理由

本州に飛来のトキ、再び佐渡へ=昨年3月に続き2例目-新潟(時事通信)
鹿児島と長崎 副振動が発生 民家浸水や国道冠水(西日本新聞)
オリックス・小瀬選手 宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
児童虐待死再発防止へ 江戸川区が対応検証へ(産経新聞)
<うそ>警察に「強盗被害」、妻には「サッカー協会に転職」(毎日新聞)

滑走路1本の微修正案、島袋氏が難色(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で平成18年4月、自民党の額賀福志郎防衛庁長官(当時)が現行案をまとめる前に同県名護市と検討した滑走路1本による「微修正案」について、敷地2.6平方キロの大規模リゾート施設の移転計画が含まれていたため、当時の島袋吉和市長が「あまりに遠大な計画だ」と難色を示し、採用されなかったことが5日、分かった。額賀氏が10日発売の「中央公論」への寄稿で明らかにした。

 微修正案は、日米両国政府が17年10月に合意した滑走路1本の「沿岸案」から、名護市が求める地区を飛行ルートが回避するよう滑走路の角度を反時計回りに10度ずらした内容。額賀氏はリゾート施設の経営者と合意していたが、島袋氏が移転先の市有地の提供に二の足を踏んだとみられる。

 その後、着陸用と離陸用の滑走路2本をV字形に建設する現行案で合意。ただ、海上埋め立て面積が拡大し、移設反対派が批判する論拠の一つになった。

【関連記事】
岡田外相発言は「理解不能」 沖縄知事が厳しく批判
4年後の普天間返還 防衛相「完全履行は不明」
普天間で首相「覚悟読み取って」 5月末の理由を説明
永田町舞う「謎の鳥」 ネット上で鳩山首相を揶揄
鳩山首相、「普天間継続使用」否定 社民に振り回される安保

首相「小沢氏は説明責任果たした」(読売新聞)
鳩山首相、小沢氏事件で陳謝 衆院代表質問(産経新聞)
<不正経理>農水省で427件 契約1億円 04~08年度(毎日新聞)
覚せい剤所持で海自隊員逮捕=新幹線内に置き忘れ-愛知県警(時事通信)
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官(医療介護CBニュース)

この男に見覚えは?振り込め「出し子」公開(読売新聞)

 神奈川県警捜査2課は1日、振り込め詐欺事件の現金の引き出し役「出し子」として、男2人の画像を公開した。

 コンビニ店内の現金自動預け払い機(ATM)で現金を引き出す際に防犯カメラが撮影した画像で、同課は情報提供を呼びかけている。

 発表によると、1人は40歳くらいで野球帽を着用。何者かが横浜市内の70歳代の男性に架空の貸金業者と偽って融資申込書を郵送し、保証金などと偽って振り込ませた計86万円を昨年1月、同市内のコンビニのATMなどで引き出したとしている。

 別の男は、30歳くらいでスポーツ刈り。何者かが同市内の70歳代の男性に、男性の次男を装い「会社の金が入ったカバンをなくした」などと偽って振り込ませた計155万円を都内のコンビニ内のATMで昨年5月、引き出したとされる。

 野球帽の男は08年11月~09年9月までの間に総額約1300万円(計10件)、スポーツ刈りの男は同年5~6月の間で約500万円(計3件)を引き出したとみて、同課が行方を追っている。

<学生音コン>入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
秋葉原殺傷 加藤被告、起訴内容認める 東京地裁で初公判(毎日新聞)
小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル(医療介護CBニュース)
【日本人とこころ】福田恆存と孤独(上)「日本にも天がある」(産経新聞)
囲碁の謝が女流3冠独占(時事通信)

加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判(時事通信)

 2008年6月、17人が死傷した秋葉原無差別連続殺傷事件の初公判が28日、東京地裁で開かれる。殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)は、自ら出席した公判前整理手続きで、長期審理になることの感想を問われても、「弁護士に任せています」と、無関心な態度を見せた。一方、拘置所内で供述調書を読むなど、公判に向けた準備は進めているという。
 加藤被告は起訴後、東京拘置所で過ごしている。弁護人によると、弁護人以外との面会には応じていない。別の関係者によると、自室内で事件の記録に目を通し、自身や被害者らの供述調書も読んでいるという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
責任能力など争点に=整理手続きが終了

石川議員政策秘書を聴取=自身の資金団体、経理問題で-虚偽記載事件・東京地検(時事通信)
普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談-小沢氏(時事通信)
亀井金融相「うるさいからうるさいと言っただけ」(読売新聞)
検察官役の推薦、弁護士会に依頼 兵庫・明石歩道橋事故で神戸地裁(産経新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(3)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)

鳥取不審死で36歳女を再逮捕…強盗殺人容疑(読売新聞)

 鳥取県内で男性が相次いで不審死した事件で、鳥取市の川で遺体で見つかった同市の電気工事業、円山秀樹さん(当時57歳)について、県警は28日、窃盗容疑などで逮捕した同市の元スナックホステス上田美由紀容疑者(36)を強盗殺人容疑で再逮捕した。

有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)
有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)
機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触-運輸安全委(時事通信)
郵便不正事件 厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
元教職員側、逆転敗訴 国旗・国歌訴訟 職務命令は合憲(産経新聞)

近づく“春” 熱海市でアタミザクラが見ごろ (産経新聞)

 静岡県熱海市で、日本で最も早咲きといわれるカンザクラの一種、アタミザクラが見ごろを迎えている。市内中心部を流れる糸川沿いの遊歩道では、写真を撮るなど多くの人が春を思わせる淡いピンク色の花を楽しんでいる。

 熱海市によると、市内には約1200本のアタミザクラの木があり、今シーズンは前年より8日早い12月17日に開花を確認。開花期間は約1カ月と長く、2月中旬ごろまで楽しめるという。  

後藤真希さんの母転落死=自宅3階から-東京(時事通信)
脱皮2時間以内!「漁師の伊勢エビ」発売へ(読売新聞)
鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」(産経新聞)
普天間現行案、首相に撤回要求へ=「市民の意思伝えたい」-次期名護市長(時事通信)
「高島易断」名乗る祈祷料詐欺 起訴内容認める(産経新聞)

<サッカー協会>新潮社を提訴 川淵名誉会長の週刊誌記事で(毎日新聞)

 日本サッカー協会と、協会の川淵三郎名誉会長、犬飼基昭会長は26日、昨年11月発売の「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社に対して3000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。

 訴状などによると協会側は、週刊新潮の昨年11月26日号に掲載された記事について、川淵名誉会長が協会を私物化し、犬飼会長とも対立しているような印象を与えるとし、記事内容が事実に反すると主張している。川淵名誉会長は協会を通じて「サッカー界が不当に不利益を被ることにもなるため、訴訟を提起した」とコメントした。

 週刊新潮編集部は「記事には自信を持っている。訴状を見て対応を検討する」としている。【安間徹】

【関連ニュース】
サッカー:スペイン流育成法導入へ…犬飼会長
サッカーW杯招致:国内開催地立候補の12自治体を発表
サッカー:「秋春制」移行の検討は継続 犬飼協会会長
日本サッカー協会:アフリカ選手権視察は見送り
サッカーW杯:18、22年の招致委員17人決まる

<河村名古屋市長>地域委員会投票率「2~3割あれば」(毎日新聞)
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕-山口県警(時事通信)
「高血圧」で医療機関未受診が約半数(医療介護CBニュース)
脱皮2時間以内!「漁師の伊勢エビ」発売へ(読売新聞)
普天間移設で徳之島調査=地元町長は「反対」-民主・牧野氏(時事通信)
プロフィール

Author:かどまつまさはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。